Read more

うまいもの見つけた Vol.977 ウエスト 橋本店

ウエスト 橋本店台風接近中・・・今日は、女房と焼肉ランチ。焼肉3品ランチを2人で注文することにした。計、6品をメニューから選択。結果、カルビ×2、ハラミ×1、ミノ×2、牛シマ腸×1をチョイス。まず、カルビ&ハラミ。続いて、ミノ&シマ腸の登場。女房は、カルビ、ミノ系を主体に、俺は、内臓系を中心に食す。他にライス、わかめスープ、キムチ付き。キムチは以前は、赤っぽいキムチだったが、今回は、浅漬けっぽい奴。少し塩...

Read more

麺食い日記 Vol.1318 味噌蔵 ふくべえ

味噌蔵 ふくべえ久しぶりの味噌蔵 ふくべえ。今日も、味噌バターコーンラーメン、790円。以前より、味がマイルドになり、美味しくなった?大将、腕上げたね!★★★★★...

Read more

うまいもの見つけた Vol.976 洋食屋 Tomato畑

洋食屋 Tomato畑今日は、ロースステーキランチ、1100円。最初にスープとサラダ登場。続いてステーキとライス。ステーキは、少しかたいけど、焼き加減、味付けはOK.貧乏舌の俺には丁度良いかも。最後にアイスコーヒーを飲んで、本日のランチ終了。...

Read more

うまいもの見つけた Vol.975 ウェルネス天神

ウェルネス天神今日は、年に一度の人間ドック。全ての検査が終わった後の食事。いつもながら、美味しい。バランスの取れた食事。いつも、こんなのを喰っていたら、健康になりそう!でも、うまいと言ったら、胃内視鏡の村岡先生。今日は、鼻から胃カメラだったが、1回もオエっと来なかった。しかも、相当な美人で、愛想も良い。来年も村岡先生だったらいいな。...

Read more

うまいもの見つけた Vol.974 割烹 よし田

割烹 よし田今日は、よし田で鯛茶漬け、1.5で1620円。久しぶりに喰った鯛茶は、美味。ご飯を思わずお替り!シンプルだけど、これぞ、日本料理!...

Read more

たこ焼きパーティー

今日は、娘と孫がお泊り。娘のリクエストで、晩飯はたこ焼き。女房が手際よく、たこ焼きを焼く。アツアツで旨し!女房、腕を上げたな・・・...

Read more

麺食い日記 Vol.1317 東洋軒

東洋軒母親を実家に送り届けた後、大牟田の老舗ラーメン屋、東洋軒に立ち寄る。写真は、ラーメン、580円。かなり、濃厚な豚骨スープ。麺も幾分、太くなっている感じだ。昔、喰っていたラーメンとは、かなり、変わった感じだ。それはそれで旨い。だが、少し、昔が懐かしい。しっかり、完食。大牟田には、福龍軒、光華園(便所ラーメン)と他にも老舗ラーメン屋があるが、俺は、ココが一番好きかも・・・★★★★★...

Read more

うまいもの見つけた Vol.973 木曽路 福重店

木曽路 福重店午前中で、孫のお宮参りは無事終了。昼から、食事会。場所は、木曽路の福重店。綺麗に盛り付けられた料理。見た目にも美味しい。煮物・・・焼き物・・・茶碗蒸しと酢の物・・・天ぷらと松茸ご飯と味噌汁・・・最後にデザート・・・孫の健やかな成長を祈る宴となった。...

Read more

赤飯

明日の孫のお宮参りのために母親が、赤飯を炊いてくれた。我が家に伝わる赤飯は、小豆を使わず、ササゲ豆を使うしきたり。小豆は、どうしても腹が破れるので、武家では切腹に通じ、忌み嫌うことかららしい。豆が黒いので、一般の赤飯よりは黒っぽい色になる。母が、秋らしくということで銀杏を炊き込んでくれた。100%もち米で、しかも、蒸篭で蒸しあげて作るという昔ながらの製法。家族みんなで、ありがたく、おめでたく、そして...

Read more

彼岸花

今日は、実家に明日の孫のお宮参りに備えて、母親を迎えに行く。庭に沢山の彼岸花。ちゃんと、お彼岸の時期に咲く。だから、彼岸花なのだろうけど。...

Read more

麺食い日記 Vol.1316 生粉蕎麦 玄 天神幸店

生粉蕎麦 玄 天神幸店今日は近場でそばを手繰る。ざるそば大盛、390円。注文してから1分くらいで出てきてビックリ!サクッと頂きました。★★★★☆...

Read more

麺食い日記 Vol.1315 みすゞ庵

みすゞ庵今日は、相当、久しぶりに、みすゞ庵へ。注文は、ごぼう天うどん、600円。濃い目のスメにヤワヤワのうどん。うどんは、博多風なのだろうが、俺は讃岐風が好き。博多うどんは、噛まずに飲み込める感じ。まるで、10分どん兵衛のようだ。このお店は、蕎麦の方が良いかも・・・ただ、ごぼう天は旨い。この辺のうどん屋では、一番だと思う。でも、やっぱり、うどんは松島だと痛感!★★★☆☆...

Read more

麺食い日記 Vol.1314 大明担々麺 博多デイトス店

大明担々麺 博多デイトス店今日は、博多方面で仕事。仕事を終わらせ、大明担々麺へ。今日は、スワンラータン麺、850円を注文。要するに酸辣湯麺だ。見た目は、エビ、イカ、アサリ、キノコ類が入り、穏やかな感じ。ところが、一口喰うと、口中は大火事!咽喉に強烈な刺激が走り、思わず咳き込んでしまう辛さ。頭からは汗が噴出。咳き込まないように慎重に箸を進め、一応、完食。いつもは、スープも完飲するのだが、無理っ!旨い事は...

Read more

麺食い日記 Vol.1313 新生飯店

新生飯店久しぶりの訪麺。今日は、皿うどんを発注、580円客が多く、少し待たされた。皿うどん、味は悪くないが、麺がちと残念。充分な太さがあるちゃんぽん麵なのだが、コシが無く、ふやけた感じ。全体的にメリハリのない、焦点がぼけた印象。期待していただけに、少し残念。★★★☆☆...

Read more

植物図鑑 運命の恋、ひろいました

ほのぼのとした作品「図書館戦争」「フリーター、家を買う。」など数多くの著作が映像化されているベストセラー作家・有川浩による恋愛小説を映画化。「EXILE」「三代目J Soul Brothers」のパフォーマーとして活躍する岩田剛典と、NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」や映画「バンクーバーの朝日」の実力派若手女優・高畑充希が主演を務める。ごく普通のOL・さやかは、ある日、マンションの前で行き倒れていた青年・樹と出会う。半...

Read more

阪急電車 片道15分の奇跡

心が優しくなるような映画始点から終点まで片道15分のローカル線、阪急今津線の電車内を舞台にした、有川浩の小説を映画化した群像ドラマ。乗客たちの目を通して、偶然同じ車両に乗り合わせた人々の人生を映し出していく。婚約中の恋人を後輩に奪われたOLと、恋人に振り回される女子大生を演じるのは、中谷美紀と戸田恵梨香。そんな不幸な彼女たちにもたらされる奇跡と、ハートフルなストーリーに注目。 あらすじ阪急今津線の車両...

Read more

うまいもの見つけた Vol.972 白亀会館

白亀会館今日は、死んだ親父の25回忌。親戚一同集まって、法事。実家でお経をあげてもらった後、白亀会館で食事。名物であり大好物のくっぞこの煮つけ。法事というのに、精進料理は、なし。昼間から大酒飲んで、そのあと、墓参りに行き、無事終了。お疲れ様でした!...

Read more

県庁おもてなし課

高知県の観光誘致映画?「図書館戦争」「フリーター、家を買う。」などで人気の有川浩による同名小説を、「関ジャニ∞」の錦戸亮主演で映画化。全国が観光ブームに沸くなか、高知県庁は観光促進を目的とした「おもてなし課」を設立する。しかし、やる気はあるものの空回りばかりの若手職員・掛水らが、何をしていいのかわからず戸惑っていると、地元出身の人気作家・吉門から「スピード感のないお役所気質」とダメだしされてしまう。...

Read more

ロボジー

矢口史靖監督作品。なかなか面白かった。「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖監督がロボットを題材に描くオリジナルのコメディドラマ。弱小家電メーカー・木村電器で働く小林、太田、長井の3人は、企業広告を目的に二足歩行のロボット「ニュー潮風」を開発していたが、発表直前に不慮の事故でロボットが大破。その場しのぎで、一人暮らしの頑固老人・鈴木にロボットの中に入ってもらうことにする。しかし、鈴木...

Read more

うまいもの見つけた Vol.971 漁火

漁火会社の東京組との飲み会。近場の漁火へ。刺身の5点盛。そのあと、色々注文したが、会話が白熱して記録なし。お疲れ様でした!...

Read more

麺食い日記 Vol.1312 島系本店 舞鶴店

島系本店 舞鶴店今週2回目の島系、しかも、つけ麺。今日は、博多つけ麺、700円。先日喰った、博多つけ麺の赤と、当然、麺は同じ。違うのはつけダレなのだが・・・基本、ベースは、同じようだ。ただ、赤の方にはラー油が垂らしてあったのに対し、こちらには、無い。ただそれだけの違い? それが、50円の価格差?そうすると、まだ試していない博多つけ麺 煮干 850円は・・・魚粉を混ぜるだけのような気がしてきた・・・どうしようか...

Read more

麺食い日記 Vol.1311 生粉蕎麦 玄 天神幸店

生粉蕎麦 玄 天神幸店今日は、遅いランチ。ランチタイムを外すと店は、ガラガラ。いつもの山かけそば、390円を注文。今日の出来は、すこぶる良い!多分、今までで最高!時間を外した方が、良いのかな・・・★★★★☆...

Read more

麺食い日記 Vol.1310 島系本店 舞鶴店

島系本店 舞鶴店朝から太麺気分で、島系本店へ。今日は、博多つけ麺 赤、750円を注文。つけ汁は、禍々しい色をしている・・・麺は、お約束の極太。なかなか存在感がある。見た目、量が多く、喰い切れるか心配になったが、実は、上げ底だった・・・最後は、スープ割で〆る。右側が出汁。久しぶりにつけ麺を喰ったが、なかなか良し。もう少し辛くても大丈夫な気がした。次回は、博多煮干し? いりこ? つけ麺を喰ってみようか。★★★★☆...

Read more

麺食い日記 Vol.1309 風街

風街今日は朝からパスタ気分。しかも、朝飯が軽かったので腹ペコ。ソーセージのナポリタン、大盛を注文。850円+大盛100円-割引100円で850円。このお店では、大盛は初めて注文したような気がするが、予想以上に大盛。粉チーズをわんさかかけて喰らう。一般のナポリタンに比べると、少し薄味?でも、無事、完食。隣で喋っていたバカっぽい男女の会話が気になり早々に店を退散。あー、腹いっぱい!★★★★☆...

Read more

うまいもの見つけた Vol.970 BLACK WATCH

BLACK WATCH西中洲のバーに繰り出す。会社の先輩の三男坊の店。1杯目は、ゴッドファーザー。2杯目はソルティードック・・・楽しい会話に、夜は更けていった・・・...

Read more

うまいもの見つけた Vol.969 橙

橙旨いと評判の水炊き屋さん、橙を訪問。場所は大手門。テーブル席で、従来からある水炊き屋さんとは、趣が違う。まずは、お通し・・・これを喰っている間に、女性従業員が、せっせと水炊きの準備。透明感のあるスープだ。最初にスープだけを愉しみ・・・そうこうしていると、鶏肉が煮あがってきた。鶏肉がジューシーで旨い。最初の肉を喰い終わると、鶏肉団子が投入される。スープが減ってくると注ぎ足し注ぎ足し。小松菜などが入...

Read more

うまいもの見つけた Vol.968 博多焼肉明治屋 古門戸店

博多焼肉明治屋 古門戸店今日は、新規開拓。肉屋がやってる焼肉屋さん。注文は、トンテキ定食、870円。ライス&スープ&サラダ&漬物&トンテキ。分厚いトンテキは、少しカタい感じがしたが噛めば噛むほど、味がジュワッと出てくる。甘めのソースが、ご飯のおかずにピッタリ。隣の客が食べていたビフテキ丼が、美味しそうに見えたので次回は、試してみようか。...

Read more

佐賀のがばいばあちゃん

吉行和子のがばいばあちゃんは、品が良すぎ。島田洋七さんと仕事をした時のことを思い出した・・・1980年代に一世を風びした漫才コンビ「B&B」の島田洋七が自身の少年時代をつづった同名ベストセラーを映画化。昭和30年代の広島。父親を亡くし、母親に女手ひとつで育てられていた明広は、佐賀で暮らす祖母のもとに預けられることに。極貧の厳しい状況にあっても、独特の人生哲学で気丈に切りぬけていくがばいばあちゃんとの暮らし...

Read more

ヒーローマニア 生活

面白くなかった。途中で、寝てしまった。人気漫画家・福満しげゆきの代表作「生活【完全版】」を、東出昌大、窪田正孝、小松菜奈ら旬の若手俳優共演で実写映画化。「ソフトボーイ」「花宵道中」の豊島圭介監督がメガホンをとった。会社をリストラされ、コンビニでアルバイトしている冴えない青年・中津は、驚異の身体能力を持つニート青年・土志田や情報収集力に優れた女子高生・カオリ、夜になると「若者殴り魔」に豹変する定年間...

Read more

愚行録

うーん、今一つの作品。「乱反射」「後悔と真実の色」などで知られる人気小説家、貫井徳郎の直木賞候補作を実写化したミステリー。未解決の一家殺人事件を取材する雑誌記者が、その思わぬ真相にたどり着く姿を追う。メガホンを取るのは、短編を中心に手掛けてきた石川慶。『悪人』で共演した妻夫木聡と満島ひかり、『十字架』などの小出恵介、『ランブリングハート』などの臼田あさ美らが顔をそろえる。羨望、嫉妬、駆け引きといっ...